よくない言葉集

よくない言葉を連ねます。日本語が不自由なので閲覧非推奨です。

非日常的近況報告

想像と違う生活になったのが面白いのでメモ.

首肩背中腰が痛い

姿勢とか椅子とかも悪いのだろうけど, 自室で長時間作業するようになってからとにかく身体がすぐ痛くなる. 後半身 (?) がキツい. 普段使っている枕をクッション替わりにしてみたら案外具合が良かった.

オンライン TA

弊学では授業を5月の連休明けまで延期し, そこから当面の間オンライン授業を実施している. ところで, 春学期は週12時間分 TA の契約をした. 4月中はその準備として計画会議に参加したり, 環境の導入資料を作ったりでそこそこ仕事が多かった. ある授業はこの準備だけで給料が支給される分の時間外勤務を食いつぶしてしまった.

授業も始まったばかりなので時間中にはそれほど苦労していないが, こちらからの声掛けなどが簡単には出来ないので学生と共に頑張っていかなければならない. また, もし僕が学生のレポートを採点することになったとしたら, 個人用の PC にそのデータを置くのはいささか不安である.

授業が吹き飛んだ

授業の履修計画を立てたところ, 春学期は6月から始まる集中講義1つだけを取ることになっていたのだが, 履修登録開始の直前になって予定が変更になり, その授業が秋学期へと移動された. 従って, 春学期の履修は研究科目以外0単位. 今の所大学でやることが研究と TA なので大学院生とは…となった.

オンライン授業をしている

バイト先は例の12連勤*1の2日後から連休明けまで一斉に休業となった. 先週からオンライン授業へ移行したので, 講師だけ出社して会議用ツールを用いて授業を行っている. 手元を見せる方法など色々模索中. 正直, スマホ版の使い方が分かっていないので PC とタブレットの両方を同時に使っている.

片道徒歩15分で行けるバイト先から帰ってくるとすごくヘトヘトになる. これはマジでヤバい.

イベントに行きたい

重複を含めて, この2ヶ月中に払い戻したチケットは13枚である. 中には全国ツアーの全公演分のチケットも含まれている. たくさんバイトしてなんとか払った諸々が手元に返ってきてしまった. ということで, 物販の通販に数万円分注ぎ込んだ. 普段はあまり物販に興味がないので, 公演に行っていたら多分買っていなかったであろう. 特に, とあるガチャは50連して直筆サインを2つ手に入れたので満足だ. でも会えるはずの人に会えなくなったのは辛い.

深夜中心の生活に移行中?

ここのところ日中やけに暑いので, 涼しい深夜に勉強したり遊びの作業をしたりをしようとしている. 夜中に腹が減るので, ぐーぴたっ*2を買い置きした. これがまた優秀で, コンニャクマンナンのおかげで割とちゃんと気が紛れるし, 食物繊維のおかげで翌日腹の調子が良くなる. ダイエット中の女子か. そういえば Zoom を使って遊んでいるうちにバーチャル美少女になった.

だが, 今週は曇りがちな天気で日中それほど気温が高くならないので, どっちでもいいや. 勤務中に眠くなると困るし.

正直なところ

大学のオンライン授業の実施期間は6/17までとされており, それ以降の対面授業の実施の可否はまだ発表されていない. だが, 一斉に元通りの生活に戻ることに対しては不安を覚えている. オンライン授業が普通の授業に比べて格段に大変なのは身を以て分かっているが, 何千人もの学生が在籍する大学という機関を守るためにも今学期中くらいは継続して欲しい.

あと二郎系を食べに行きたい.

Agapanthus 発売初日感想

あらすじ

1年前にブチ切れながら辞めたバイト先に戻り, ほぼ白紙の勤務表を提出した結果12日連続での出勤を求められブチ切れていた僕. やっと得た休日は4/7!この日は麻倉ももさんの 2nd アルバム "Agapanthus" のフラゲ日ではないか!仕方がないので, 前日スト缶 500ml 3本飲んだことによる二日酔いでフラフラのままアニメイトゲーマーズへ行き, 完全生産限定盤と初回生産限定盤を購入.

これを書いたのはフラゲ日だけど, 一応気を使ったつもりで初日のものとして公開する.

www.sonymusic.co.jp

各タイトル感想

1. 365×LOVE

5th シングル表題曲.

ちょっと変わった曲調だけど, しっかり可愛い. 声が裏返るの好き. 僕も365日麻倉ももさんが好きです. いや単推し自称してからまだ1年経ってないや. LIVE では Odyssey の序盤でしか聴けてないのでまた聴きたい.

2. シュークリーム

6th シングル C/W.

麻倉ももさんにはこんなダメ男に振り回されないでいて欲しい. でも "細かいことなんて気にしない それが私らしいでしょ?" ってところはなるほどなぁってなる. タイトル通り甘々な曲調にやられて時々聴けなくなる病気にかかっている.

3. トキメキ・シンパシー

新曲.

王道も王道なポップス. THE 麻倉もも. 発音はジ. こういうサウンドも普通に好きです. 他の新曲がいろんな方面に尖ってる (当社比) からこそ実家のような安心感を覚える. サビ終わりに顕著なリバーブが気持ち良い. LIVE でやったら手のひらを痛めそう.

4. スマッシュ・ドロップ

6th シングル表題曲.

軽快なテンポで気軽に聴きやすい. ダンスも早い動きで楽しい. 人差し指でスマホの画面をくるくるするやつ楽しい. 歌詞が実は哲学的かもしれないとか言われてたけど普通にそんなことなさそう. でも結構いいこと言ってる.

余談だけど, 僕は綾野ましろさんのファンでもあって, その中で "GET OVER" という曲もまたパズドラの ED 曲だったりするので, 普通に感謝してる.

5. Twinkle Love

新曲.

ASKRMM さんの ASMR, つまり ASKR. 本作1の爆弾. 静かだけど. 先日 Talking Box でこれが流れた時は時間も相まってガチで寝そうになった. 繊細さ極振りで, 言葉数も少なくて本当に入眠向きっぽいところに本気を感じる. 夢の中で麻倉ももさんに会いたい人におすすめの一曲.

6. “さよなら”聞いて。

7th シングル C/W.

Talking Box で初披露されたとき, 全身に衝撃が走り, 目から涙がこぼれたのを鮮明に覚えている. 発売されたシングルを手に入れフルで聴いたときには, 最後の転調で更に泣かされた. 麻倉ももさんに振られたなんて微塵も思ってないのに, なぜこんなに刺さっているのか未だに説明がつかない. 要するに HoneyWorks には勝てないらしい.

やっぱりこれにはなりたくない.

7. 秘密のアフレイド

新曲.

30代の女性という, これまた挑戦的な背景のある曲. アルバムの発表時からマイナー調のロックもあると聞かされていたが, 思ったよりも歪んだ音が聞こえてびっくりしちゃった. でも結局メジャーコードで終わるんかいってなった. C メロの叫ぶような歌声は, 麻倉ももさんのことだからかなりこだわったのだろう. そのあとすぐにくるエフェクトガンガンな1フレーズでは, アニメの予告編でありがちな感じのノイズがかかった映像が浮かんだ.

8. 妄想メルヘンガール

新曲.

噂のオタクパートが半分くらいある曲. 歌詞カードを見たらマジで ( ) が半分あって流石に笑っちゃった. チアミーチアユーですら覚えるのに苦労したくらいには頭悪いけど頑張ります. 初見ではしっくりこないなって印象だったけど, 多分そのとき酒が入ってたせいだと思う. 今は普通にアリ. とはいえ, 強引すぎる転調は苦手がち.

9. Shake it up!

新曲.

いっせいのーせ ハイジャンプ!麻倉ももさん現場はジャンプに寛容なので暴れたがりキッズの僕は大喜び. FuFu とかオタクしか言わないと思うんだけど. テンション上げることしか考えてない曲. 急にハッピー野郎になるの面白いからやめて.

10. ユメシンデレラ

7th シングル表題曲.

平穏そのものみたいな曲. リリースイベントに行ったことのない僕が唯一限定イベントを引き当てたのがこれだった思い出の曲でもある. ( ) をオタクが歌うかどうかという話がこむちゃっとカウントダウンでも出てたけど, オタクは神様じゃないので僕は否定派. MV*1 を見れば一目瞭然なんだけど, 麻倉ももさんが女神なんだよなぁ.

11. さよなら観覧車

5th シングル C/W.

すでに LIVE でも披露されているガチの名曲. アルバム収録時にストリングスを生音にしたと聞いてガチで喜んだ. 実際に聴いて鳥肌が立った. 麻倉ももさんがこの曲を好きでいて, さらに良いものにしたいと思っていたことが知れたのが1番嬉しかった. なんつーか, 麻倉ももさんは一応ピアノやバイオリンを習っていたこともあるし, 中高のミュージカル部で何をやっていたかは知らないけど, きっとああいった楽器の音に親しみがあるという点で自分と似たものを感じる*2. 憶測で申し訳ないが.

12. 今すぐに

新曲.

作詞・作曲を藤田麻衣子さんが務める一曲. 藤田麻衣子さんにはアイマスで出会い, その美しいメロディーの虜になった*3. 麻倉ももさんと藤田麻衣子さんの2ショット*4が存在するのヤバい. お礼しにコンサート行きたい.

曲を通して切ない雰囲気だが, 失恋などではなく忙しくて会えない彼を思う素直な歌詞. 麻倉ももさんの伸びやかな歌声を存分に聴ける本気のバラードが聴きたいってずっと言い続けてきて, やっと出会えた一曲がこんなに素晴らしいなんて僕は幸せだ. 強欲なので今度はメジャーコードも書いて欲しい.

13. Agapanthus

新曲.

渡辺翔さんありがとう. 今すぐにといいこれといい, 麻倉ももさんの楽曲派っぷりがすごい. そういえば先日の AbemaTV での特番は本当に良かった. 再放送もあるので是非*5.

話を戻して, イントロから翔さん節全開だし麻倉ももさんの声の "色" を引き立てているなって思ってたらあの B メロで脳が溶ける. どうしてこうなった. 天才のいたずら. "施したアイの刺繍ポスト入れて" を見てカタカナの意味を考えずにはいられない. "ぎゅっとぎゅっとぎゅっと愛を詰め込もう" とも書いてあるので尚更だ. 芽吹いた愛が刺繍や言葉という花を咲かせるストーリー, 素敵です.

MV 感想

Agapanthus

YouTube で公開された short ver. を見たときからこれは大作だと思った. CG を活用した舞台の作り込みもそうだが, 1番は麻倉ももさんが今持つ魅力の全部載せであることだろう. イントロの子どもっぽく可愛らしいもちょから物憂げな麻倉ももさんまで様々な表情が楽しめる一作. やっぱり寒色系の服がよく似合う. ごまかしの MV にも見られたけど, 最後にある素の笑顔が結局一番好き. 確実に人を幸せにする力を持っていらっしゃる.

今すぐに

フラゲ日前日の24時 (当日?) に配信された衝撃の一作. それまで新曲のリリックビデオを少しずつ公開していたがこの曲だけなかなか出てこなかったので, もしかしたら何かすごいことが起こる予感がしていたが当たった. ストリングスをバックに歌う素敵な映像. シンプルだけど, 映える見せ方が出来るって素晴らしい. 綺麗な女性だなぁ.

上でも述べたとおり, 配信直後はガンガンに酔ってたので正しい行動をしたかどうか分かってなかったけど, ちゃんと iTunes で購入していたので良かった. 現在は LINE MUSIC を使っているのでそちらから見ることも出来るが, これは手元に残しておくべきだろう.

麻倉もも Fantasic Live 2018 "Peachy!" 映像感想

1st LIVE が映像化されないのはいつものことなのだろうなあと諦めていたけど, 他のオタク様たちの声によって実現してしまうとは. 麻倉ももさんにその声を届けてくれたオタク様には足を向けて寝られない.

当時, まだポータルサイトの会員ではなかったし, 2日目は行ったけど最終日にはイベ被りで行けなかった. 今ではありえない選択だと思う. というわけで, この DVD に収められた公演は厳密には初見なのだが, まあ大同小異といったところだろう.

Fanfare!! でコケてたけど本当に小異か?

衣装はアンコール以外は全部見せてくれてるし, LIVE ならではのアレンジが加えられた曲も多く収録されていて本当に嬉しい. そして, 1番見たかった "明日は君と。" のバック映像を見て, そうだ, この桃のように甘酸っぱい空間にいたんだ…ということを思い出した. これまで1番好きだった "花に赤い糸" はおそらく照明の関係で収録されていないが, "恋のプレリュード" があるのは偉い. "Good Job!" でダンサーのソロが抜かれてるのを見て, 資料止まりになるはずの映像をこのために編集してくれたんだろうなって感激してしまった. ミュージックレインさん, 本当にありがとうございます.

おわりに

歴は長くないけれど, TrySail を知った頃から麻倉ももさん一筋で, 他の2人のソロ活動の場に足を運んでその良さを味わったことはあれどそれは変わらなかった. 今作はその理由を再確認する機会を与えてくれたと言えるだろう. 今あえて触れるとする.

まあきっかけは顔と歌声だった. 浅いように見えるが, 某大型アニソンフェスで見たのが始まりなのだから当然とも言えよう. 時を経て本格的に応援するようになり, 放送中のラジオや昔のものなどにも手を出して, 色々と知っていくうちに, 声優として, アーティストとして, 人として惹かれる存在であることに気付いた. 具体的には, 素直な言葉で話すところとか, 尋常じゃない人当たりの良さとか, お酒を楽しむことが出来るところとか, 音に対するこだわりを持っているところとか, だろうか. 僕の知らない時代の彼女はずっともちょもちょしてたんだろうけど, その面を失うことなく色付いた姿は無敵そのものだ.

恋の歌という芯を持ち, 様々なジャンルに挑戦しながらも, その先にはファンの喜ぶ顔を浮かべていること, そしてこうして届けられた音楽の趣味に共感できる部分があること, 1曲1曲にそれらが感じられ, 今日まで生きてきて本当に良かったと思った. 自分では大げさだと思うが, 本気で応援しているアーティストが出してくれた, こんなにも待ち望んだアルバムを手にして, 自分の好きなものを好きなだけ堪能できるということを喜ばずにいられないのは当然だ. 僕自身が多くのアーティストやジャンルに手を出している訳ではないのだが, これを超える出会いはそう無いとこの場で言い切ってしまおう.

昨今の情勢や不規則な勤務時間での12連勤で気が滅入る毎日だったが, 今月中は勤務が吹き飛んでしまったので自宅で Peachy! になりながら Agapanthus を愛でる日々を過ごしていこう.



*1:https://www.youtube.com/watch?v=FnhzSEMp9HU

*2:筆者は5年間ピアノを習っていたし, 中高と, ちょっとだけ大学でも吹奏楽をやっていた.

*3:CINDERELLA M@STER は殆ど持っていないが, "in fact" は持っている.

*4:https://ameblo.jp/asakuramomoblog/entry-12587790159.html

*5:https://abema.tv/channels/abema-anime/slots/9gqMK6R5i42o3V

"させていただく" が苦手な話

言葉とは自然に発生したもの故, その意味がうつろい*1ゆくのも当然である. しかし, ただ物事を表現することだけが言葉の働きではない. 敬語がその最たる例である. 文に一手間加えることで人と人との繋がりを同時に表現し, その関係性を明確にすることが出来る.

ここ数年でやたらと耳にするようになった, "させていただく" という敬語表現のようなものが苦手になった話をする.

正当な場合と違和感

文化庁の "敬語の指針"*2 によれば, "させていただく" は以下の条件下で使われる表現である.

「(お・ご)......(さ)せていただく」といった敬語の形式は,基本的には,自分側が行うことを,ア)相手側又は第三者の許可を受けて行い,イ)そのことで恩恵
を受けるという事実や気持ちのある場合に使われる。

もちろん, 定量的な基準など存在しない以上, 上の2つの条件をどのように満たすかは個人の考え方による.

しかし, 文献中でも触れられている通り, この表現は冗長になりうるため, 多用は避けるべきだ. 敬語表現を用いることでかえって冗長性が生まれるならば, その言葉は "時間の無駄" であり, そこには真の敬意など存在しない.

さらなる違和感

冗長性以外にこの表現が苦手な理由となる違和感は, 権威の示唆や自己肯定の無さだ. 適切な状況として, 役目を任命された場合などは "許可を受けて", "恩恵を受ける" と考えられる. この場合なら相手の力や存在を含めてこの言葉を使うべきだろう. だが, あくまで自分が主体となる行為に対してこの表現を用いることで, その人はなんらかの権威の下で管理されているのではないか, と感じることがありうる. そして, 実際にはそうでないならば, その人は自分の力でその行為をはたらくという自覚がないのかと思う. こうした過度なへりくだりに対してバカにしているのかと感じる.

あえて使う例

これは B2 のときの英語コミュニケーションの担当講師から教わったのだが, "させていただく" とあえて言う場合があるらしい. それは, "実家に帰らせていただきます" だ. これは, 許可を受けるようでその実一方的な行為を意味する場合である. 人によっては, 自分が主体となる行為に対してこう表現することで身勝手さなどの印象を抱くともいう.

冒頭でも述べたとおり, 敬語表現は関係性を明確にするものだ. そして, 我々は相手を敬う気持ちを大切にしろと教育されてきたはずだ. だから, 敬語表現は大切にしなければならない. 新しい言葉が生まれたり, 元からある言葉の意味が変化したりしたとしても, 敬語だけはいつの時代も守らねばならない. 必要な場面に遭遇したときに, その場を乗り切るためになんとなく使うようにして, 形骸化した言葉を話すようになってしまってはいけないのだ. 自戒を込めて.

ゴミカス学部時代総括

これを思いついた時は天才かと思ったが, 学位記授与式が吹き飛び表彰されずに終わった*1ので悔しくて涙が出 (ない).
ま, 本当に1番なのは GP 1位の人なんですけどね. 僕はピエロです.

記憶や記録を頼りに, 何をしていたかを振り返る.

各学期まとめ

入学前

  • 第零志望*2, 第一志望の大学に落ちる.
  • 高校の物理教師に浪人を勧められる.
    • 別のクラスの担任なのに, そのクラスの教室で壁ドン状態になり醜態を晒した.
  • ラブライブ!のグッズに数万円溶かす.
  • 人生で初めての声優イベント*3やライブ*4に行く.

B1 春学期

  • 新入生ガイダンスで高校同期を見つけ一緒にカレーを食べる.
  • 高校時代から懇意にしてもらっている先輩の勧めで勉強会サークルに入る.
  • 中学時代から続けてきた吹奏楽をやめる.
  • 優秀な友人たちと互いに刺激しあい C 言語を覚える.
    • 入門書を終えるのに2ヶ月かかった.
  • 専門科目よりも数学や物理などの基礎科目にヒーヒー言ってる.
    • ここで自分は落ちるべくして大学に落ちたと実感する.
  • 学部時代1の謎行為. 昼休みに下山してスーパーでかまぼこだけを購入し, 教室で板にかぶりついて食べる.
  • 基礎電気回路1で B 評価を取る.
    • B だったのは後にも先にもこれだけ.
    • 現在の指導教員の科目である…
  • 全然コミュニケーションを取らない英語コミュニケーション1で小テストを適当にやってたら合計点が88点だったが, 期末試験がほぼ満点だったのでお情けで S 評価をもらう.

B1 秋学期

  • 大体のレベル感が分かり, 余裕が生まれる.
    • 授業中に寝ていて, 目を覚ました瞬間に板書の誤りを指摘するくらい.
  • 専門科目が少しずつそれっぽくなり楽しくなってくる.
  • 一方で, 電子回路の授業はよくわからん.
  • 当時の学科長の人柄の良さに騙される.
  • この頃から声優のイベントに行く頻度が高くなる.
  • 問題用紙が回収される試験を受けに, 定期券と学生証と筆記用具だけ持って大学に行く.
  • この学期の科目は全て S 評価.
    • 実は唯一の実績.

B2 春学期

  • B1 終了時点で GPA 同率1位 (4名) であることがわかる.
  • 他大の吹奏楽団に入る.
    • 入団当初はまだ学歴コンプを引きずっており, あまり自分の大学のことを言って欲しくなかった.
  • クソダル実習ラッシュ.
    • ペアワークがとにかくダルい.
  • 英語コミュニケーションとドイツ語でガチな先生を引く.
    • この2人の影響はかなり大きく, 塾講師としての話のネタも増えた.
  • 相変わらず数学ができないので微積から逃げる.
  • 授業を通して Java 言語を覚える.
  • 専門科目の比重が大きくなり, 本格化してくる.
  • ICPC 国内予選で学内1位を取る.
    • 地区大会?さあ…
  • 英語リーディング3の試験があるのに筆箱を忘れたので友人に借りようと LINE メッセージを送ったら, Twitter で頭がおかしいやつだと晒される.

B2 秋学期

  • 専門科目のほとんどが選択となり, バイトや部活との両立を考え年間48単位取得*5を諦める.
  • クソダル実習ラッシュは止まらない.
    • 紙大量消費レポートを許さない.
  • サークルの先輩含む実習 TA と仲良くなる.
    • 現在の研究室に入るきっかけの1つ.
  • 学科の教員にも顔を覚えられはじめる.
  • サークル外の友人コミュニティが出来る.
  • オブジェクト指向が何なのかよくわからない.
  • 自動車教習所通いで悲鳴を上げる.
  • 英語コミュニケーション4でシラバスに10%と表記されていたレポートを提出しない.
    • 先生を信じて祈ると S 評価が降ってくる.

B3 春学期

  • 学部長奨励賞を受賞する.
    • 新入生の前で "見習うべき先輩" として表彰される. えぇ…
    • 広報誌に名前が載る.
  • 校友会奨学金を得る.
  • 授業数が減り, 暇な時間が増えるが特に何かしたわけでもない.
  • 学部時代1のピンチ. 残高3円手持ち8円生活.
  • 問題児行動を働き, 事務長と面談をする.
  • ゼミ配属で何をとち狂ったか5つの研究室と面談する.
    • ある研究室で適当なことを言ってたら余程欲しがられたようで, 後日拉致られる.
  • この頃から C++ 言語に触り始める.
  • 研究室で寝泊まりする生活が始まる.
  • 楽団を退団する.
    • 途中入団からの途中退団というしょーもないことをしてしまった.

B3 秋学期

  • 春学期に履修した科目が嫌すぎて同じ担当教員の科目の履修取り消しを行う, を複数回繰り返した結果 B3 中に卒業研究以外の必要な単位を取り切ることが不可能になる.
  • インターンの給料で Bluetooth キーボードを購入し, QOL が爆上がりする.
  • 理論も実践も身になる科目を履修したので授業が普通に楽しい.
  • ゼミで R 言語を用いた統計を学ぶ. が, 何も身につかなかった.
    • ↑が一気に嘘くさくなる.
  • ICPC 地区大会に出る.
  • 大学最寄りから電車で30分のラーメン屋に通い始める.
    • 学期最後の試験を終えたあとハイボールとラーメンで優勝する.
  • 研究室の先輩が開いたプログラミングコンテストで遊ぶ.
  • 就活への意識が薄れる, もとい研究を長く行いたい意志が芽生える.

B4 春学期

  • なぜか論理関数の研究に着手する.
  • 大学院への進学を決意し, 先取り授業を履修する.
    • といってもこの学期は指導教員の授業1つのみ.
  • むしろまだ取り切れていない学部の単位回収を頑張る.
    • B4 で選択必修の文化科目と専門科目を履修する成績優秀者がいるらしい.
  • 学業奨励給費奨学金を得る.
  • まだこの頃は真面目に研究していた.
    • というのは形だけで, 論文をちょっとずつ読んで2週間に1度発表すればやってることになってた.
  • 大学院入試を受ける.
    • 面接1分, 受験料35k. 自腹なのでキレたが奨学金があるので許した.

B4 秋学期

  • 研究カメさんになる.
  • Python と, なぜか Fortran を覚える.
  • 先取り授業を適当にこなす.
    • 1番期待していた授業の担当教員が入院して課題がしょぼくなったのは残念だが, この先生には若いときにもっと身体を大事にして欲しかった.
  • これまでの全てを否定するかのごとく遊ぶ.
  • 項目の少なさが B4 時代のカスさを物語る.

学部時代まとめ

語学ガチャで大当たりを引いたので良い成績を取るのは難しくなかった. もちろん専門科目も相応の勉強をしてきたので, 基礎を身につけるという意味ではなんとかやってきたのではないかと思う.

一方で, 成績が良くても何かしらの技術を身に着けなければ戦力にはなれないわけで. 上にそういったことを書いていないのは本当に何もしてこなかったからである. 入学当初は情報科学の力で何かを作り上げたいなどと思っていたのに, 気づけばこの体たらくである.




大学院から本気出す.


*1:学位記交付は教室で事務員から手渡しされ, 学業成績優秀賞は事務室で渡された. 寝起きパーカークロックスで事務のお兄さんから表彰されるのは多分二度とないと思う.

*2:当初国立大学受験の予定が無かったためこう扱う.

*3:フェザーズと一緒に鑑賞!「劇場版ミルキィホームズ」生コメンタリー上映‬!

*4:µ's Final LoveLive! ~µ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~

*5:上限は49単位だが, 特殊な科目を履修しなければ49に出来ない.

葬式セトリ Ver. 0.0.1

本記事内における定義

最後の別れにあたって, 僕の人生を素晴らしいアニソンに託しておこう, というもの.
というつもりだったが, いざ組んでみたら "明日引退ライブをするなら" と言ったほうが良さそうなのができてしまった.

セットリスト

M1: タチアガレ!

歌: Wake Up, Girls!
作詞: 辛矢凡
作曲: 神前暁
編曲: 神前暁

選出理由: ワグナーじゃないけど曲がすごく良いので. 最近 WUG Final のライブ音源が発売されてそればっかりになってる.

M2: もってけセーラーふく

歌: 泉こなた (CV: 平野綾), 柊かがみ (CV: 加藤英美里), 柊つかさ (CV: 福原香織), 高良みゆき (CV: 遠藤綾)
作詞: 畑亜貴
作曲: 神前暁
編曲: 神前暁

選出理由: 原点.

M3: FUTURE IS MINE

歌: 三森すずこ
作詞: 前山田健一
作曲: 前山田健一
編曲: 前山田健一

選出理由: 元来三森すずこさんのファンであった. 追っていた頃はこれが一番好きだった.

M4: おはよう!!朝ごはん

歌: 高槻やよい (CV: 仁後真耶子)
作詞: 中村恵
作曲: NBGI (佐々木宏人)
編曲: NBGI (佐々木宏人)

選出理由: 765ではやよい P のため.

M5: Check my soul

歌: azusa
作詞: azusa
作曲: azusa
編曲: azusa, t.sato & r.wat

選出理由: 中学時代こいつに脳のリソース持っていかれた.

M6: BraveSail

歌: TrySail
作詞: HoneyWorks
作曲 : HoneyWorks
編曲: HoneyWorks

選出理由: 現場でこの曲に泣かされたことがあるので.

M7: なわとび

歌: 小泉花陽 (CV: 久保ユリカ)
作詞: 畑亜貴
作曲: rino
編曲: 藤田宜久

選出理由: 声優にハマったきっかけであるラブライブ!より推しのソロ曲を選出.

M8: 花に赤い糸

歌: 麻倉もも
作詞: HoneyWorks
作曲: HoneyWorks
編曲: HoneyWorks

選出理由: 今最も注目すべきアーティストのデビューシングルより.

M9: 7月25日

歌: 南條愛乃
作詞: 南條愛乃
作曲: 戸田章世
編曲: 戸田章世

選出理由: 大学受験期に心の支えとして東京1/3650ばかり聴いていた.

M10: OURS POWERS

歌: 新田恵海
作詞: 畑亜貴
作曲: 母里治樹
編曲: 母里治樹

選出理由: こちらも大学受験期によく聴いていた. 新田恵海さんは現在唯一お渡し会に行ったことがある声優.

M11: c.o.s.m.o.s

歌: 内田真礼
作詞: 渡辺翔
作曲: 渡辺翔
編曲: ミト

選出理由: ワンマンライブ行きたいって言い続けながら一度も行かずに声優オタクを他界したので. これこそ葬式じゃん.

M12: 前へススメ!

歌: Poppin'Party
作詞: 中村航
作曲: 上松範康
編曲: 藤田淳平

選出理由: そういえばバンドリ!を追っていたことを思い出したので.

M13: ∀NSWER

歌: 早坂美玲 (CV: 朝井彩加), 森久保乃々 (CV: 高橋花林), 星輝子 (CV: 松田颯水)
作詞: ミズノゲンキ
作曲: 睦月周平
編曲: 睦月周平

選出理由: デレでは輝子 P のため. この曲を回収するために真剣だった時代もあった.

M14: vanilla sky

歌: 綾野ましろ
作詞: meg rock
作曲: masahiro mizoguchi
編曲: toku

選出理由: 学部時代を彩ってくれたアーティストとの出会いの曲.

M15: ENEGEY☆SMILE

歌: 大橋彩香
作詞: 真崎エリカ
作曲: 増谷賢
編曲: 増谷賢

選出理由: ギリギリ大橋彩香さんのファンにならなかったので, 来世はそういうことが無いように.

M16: Free Turn

歌: TrySail
作詞: 出口遼
作曲: 出口遼
編曲: 出口遼

選出理由: 今一番好きなので.

M17: 勇気はどこに?君の胸に!

歌: Aqours
作詞: 畑亜貴
作曲: 小高光太郎, UiNA
編曲: 小高光太郎

選出理由: これサの中でトップ級に良くない?異論は認める.

M18: We are the Miracle Holmes♪

歌: ミルキィホームズシスターズ
作詞: Yumiko
作曲: Yumiko
編曲: 野村真生

選出理由: ラストに名を刻む的な意味で.

EN1: Agapanthus

歌: 麻倉もも
作詞: 渡辺翔
作曲: 渡辺翔
編曲: 倉内達矢

選出理由: 現時点で音源が発売されてないしライブもまだなので未来ということでアンコール入り (???).

EN2: eternal reality

歌: fripSide
作詞: 八木沼悟志
作曲: 小室哲哉, 八木沼悟志
編曲: 八木沼悟志

選出理由: 初めて遠征したアーティストということで思い入れはあるはずなのに, なぜか上で入れられなかったので.

EN3: そして、群青にとけていく

歌: ミルキィホームズ
作詞: こだまさおり
作曲: 山田高弘
編曲: 中西亮輔

選出理由: 1番それっぽいので.

WEN: 正解はひとつ!じゃない!!

歌: ミルキィホームズ
作詞: 畑亜貴
作曲: 山口朗彦
編曲: 山口朗彦

選出理由: 僕と言ったらやっぱりこれでしょう.

むすびに

思ったよりまとまってしまったので, 今後更新するのが大変そうである.

#はいふり最高 2

初投稿兄貴飽きたし, 今酒が回ってて考えてる余裕もない.

 

本日2/14から劇場版 ハイスクール・フリートの 4DX / MX4D 版が公開されました. 自分でも予想していなかったほどハマっているので早速 4DX 版を見に行ってきました. 劇場版の鑑賞は通算5回目ですが, やっぱり面白いですね. そして, 4DX 自体初体験だったので良い機会でした.

自宅から自転車で10分の劇場で 4DX が見られるなんて, アドすぎてアドミラルシュペーになったわね.

 

4DX ならではのアクションでピンチ!

それはそうなんだけど水が吹き出してくるのとかそのまんま良いし, 「衝撃に備えて!」ってところで実際に衝撃に備えるのとか楽しいし, 真冬に蹴られるとは思ってなかったからびっくりした. 魔法使い予備軍だから女の子の匂いがよく分からなかったし, もっと言えば匂いが全部同じに感じられた. 4DX の香り力を知らなかったので串焼きとかたこ焼きの匂いとかしてくるのかと思ってたけど, うーん. てか前半暇すぎるだろ. 自分が晴風乗員になった気分だったし, なんなら自分自身が晴風だったような気もする. エンディングでもちょっと動くの好き.

 400カット以上のブラッシュアップでハッピー!

正直修正前のちょっと幼い感じの作画も嫌いじゃなかったけど, 違和感を感じない作画はやっぱり良いね. お気に入りの美甘のシーンの作画もなんとかなってるし, もえかが全体的に可愛くなってて良い. 修正が効くなんてアニメならではだと思うし (ほんとぉ?), 通常版でもしっかり見たくなった. にしても1/3なんてすごい量だよな…お疲れさまでした. ちなみに僕が2番目に気になっていたシーンはプラントの見張りの背景がエレベーターになっていたところ.

 

???「私もこの艦に乗りたい!」

そこのあなた, 4DX を体験しよう.

 

なんか思ったよりまとまらなかったな…

 

2年8ヶ月続けたバイトに戻った

こんなゴミ記事を書く日が来るとは思わなかった.

myidentification.hatenadiary.jp

きっかけ

trysail.jpこれまで

2019年3月

結構ガチ目な引きこもりだった. 退社日以外は1秒も働いていないのでこの月の収入は3600円.

2019年5月~

2月に10万円稼いだのでなんとか生き延びれると思ったが, そんなわけはなかった. 詳細はここに記載できないが, とある行政事業に参加することになり, 150分4000円の仕事を週2回行うことになった. 今年度いっぱい続くが, 来年度への継続は考えていない.

2019年4月~7月

普通に切羽詰まったので派遣会社に登録し, 働く必要が出てくるたびに隣の市まで単発バイトをしに行った. チケ代や交通費が嵩んだ時期は積極的に行った.

というかこの派遣元をもう一度使おうとしたら一切採用されなくなってて詰んだので, バイトを探したり面接したりをスキップできる選択を余儀なくされたのが現在.

終わりに

働くのって難しいんだね…

ちなみに来年度は TA 業務で収入がそこそこ安定するのでこっちのバイトは少なめにするつもり.